お知らせ | あきる野市の幼稚園『学校法人岸野学園 すもも木幼稚園』サッカー、学習など幼児教育に力を入れています。

お知らせ

プール入水時を想定した訓練の実施について
2019.06.20危機管理情報

プール入水時を想定した訓練の実施について

 

 

  • 日 時  令和元年6月19日(水)

10:40~12:00

 

  • 目 的

プール入水時に地震が発生した場合を想定し教職員の的確な判断、

誘導が出来るようにする。

プール入水時に地震が発生した場合の子どもたちの対応、避難の仕方を教える。

プール入水時に地震が発生した場合に子どもたちがどのような行動をとるか確認する。

 

 

  • 訓練参加者 年中組・年長組の園児・担任・園長・副園長

 

  • 訓練内容

 

今回の訓練は、プール教室にてプール入水時に地震が発生したと想定し

プール入水時の身を守る方法、避難の方法を子どもたちに教える。又、自由遊び時に抜き打ちで地震が発生したことを子どもたちに伝え、子どもたちがどのような行動をとるか確認する。

 

各学年ごとに訓練を行う

  • プール入水時に地震が発生した場合には、プールの縁につかまりはなさないないようにする体勢を教える。

 

  • 何度も縁につかまる体勢をして子どもたちに覚えさせる。

 

3、 地震の揺れがおさまった後の避難方法のお話をする。

 

3、 自由遊びの時間に抜き打ちで地震発生を子どもたちに伝えて

子どもたちが適切に素早く縁につかまる体勢がとれるか確認する。

 

 

反省点・分かったこと

 

・年中組が自由遊びの時間に抜き打ちで行った際に、片方の縁に子どもたちが密集して入れずつかまれない子がいた。

・ビート版を持ったままの子もいた。ビート版と命のどちらが大切かというお話をしました。

・揺れによる波が起きたらどんな感じなのか?

・縁につかまった時に足がつかない子。足をあげてしまう子がいた。

・見学の子の誘導はだれがするのか。

 

対応

・見学の子の誘導は、外側で監視している先生が行う。

・足をあげてしまう子にはしっかりと足を付けるよう指導する。

・足がつかない子は、事前に把握し担任が近くに行く。又、しっかりと手で捕まるようお話しする。

・密集してしまわないよう、広がってつかまるよう繰り返し練習していく。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

pagetop