お知らせ | あきる野市の幼稚園『学校法人岸野学園 すもも木幼稚園』サッカー、学習など幼児教育に力を入れています。

お知らせ

園だより
2019.06.28お知らせ

プール教室が始まりました。生憎の梅雨空が続き、まだ数回しかプールに入れていませんが、それでも子どもたちは歓声をあげて、水と親しんでいます。お友達同士プールの水をかけあったり、潜ってみたり。水がちょっと苦手な子も、お友達と一緒にプールの中をお散歩して、それぞれに楽しみ水と仲良くなっています。どの子も元気いっぱいです!

 

七夕

「サッカー選手になりたい!」「ケーキ屋さんになりたい!」など、子どもたち様々な将来の夢やお願い事を短冊に書いています。昨年度までは短冊や七夕の制作をクラスごとに笹竹に飾り付けて園庭で燃やしてお願い事を天の神様に届けていましたが、笹竹の入手が困難になったことや灰や煙による近隣の方への配慮も考え本年度より作った短冊や制作をひとりひとり小さな笹竹(ポリエステル製)の笹竹に飾り付けてお持ち帰りいたしますので、どうぞ、ご家庭で飾り七夕を楽しんでいただければと思います。

 

お泊り保育

いよいよ年長組さんの一大行事「お泊り保育」がやって来ます!一泊二日の体験を通してお友達との絆を深め、またひとつ大きく、たくましく成長して帰ってくることを楽しみにお待ちください。

お泊り保育 7月12日(金)、13日(土)

・うさちゃんクラス、年少組、年中組はお休みになります。

・こあら教室は、長期休暇中時間帯で実施いたします。

 

子どもたちが楽しみにしていたプール教室が始まりました。元気いっぱい勢い良く水の中に入ってくる子もいれば、顔に水がかかるだけでも泣き出しそうな顔の子もいます。プール教室では、まず「お水さんと仲良くなろう!」と水に慣れ親しむことから始めます。

 

夏バテなんかしない!

夏バテしないように、夜は早く休んで、体力を消耗しないようにしましよう。朝は早く起きて活動し、生活リズムがくずれないようにします。朝ごはんもしっかり食べて適度な水分補給で元気いっぱい夏を楽しみましょう!

 

水遊び

うさちゃんクラスのみんなも大きなビニールプールで水遊びをしています。チャプチャプ、ピチャピチャ、先生が作ってくれた船やシャワーで楽しそうに遊んでいます。

 

秋留台公園 七夕かざり

昨年に引き続き今年も、秋留台公園サービスセンターより依頼があり幼稚園のみんなで短冊にお願い事を書き、七夕飾りの制作をしてサービスセンターの方にお渡ししました。下記の日程で秋留台公園に飾っていただいていますのでどうぞご覧ください。

飾り付け期間  6月28日(金)~7月7日(土)

飾り付け場所  公園サービスセンター北園路のスロープ

短冊等に氏名は記入しておりませんのでご了承ください。

 

登園時のお願い

日頃から幼稚園にご理解とご協力をいただきありがとうございます。登園時に遅れて登園された場合(8:40以降、門に職員がいない場合)には必ず昇降口まで保護者の方が一緒に来ていただき、お手数ですが職員に登園した旨を伝えていただきますようお願い致します。また、その際には門はしっかりと閉めてお帰り頂きますよう重ねてお願い致します。市の学校安全会議の講習会でも、子どもの安全は学校、保護者、地域がひとつになって守ることが大切というお話がありました。ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

 

 

自然豊かなあきる野市、この夏休みカブトムシ捕りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

カブトムシの採り方のコツ

 

いつぐらいの時期から採れるの?

カブトムシが捕まえられる時期は、6月中旬から8月の下旬ぐらいまで。ベストシーズンは、7月中旬から8月中旬です。もちろん、場所によって採れる時期にも違いがあって(その年々の温度も影響してくる)、6月上旬から採れるエリアもあれば、9月の中旬ぐらいまで捕まえられるエリアもある。

 

探すのにベストの時間帯とは?

カブトムシは基本的に夜行性なので、日が暮れるころからが、彼らの活動タイム。夜が明けると、土に潜ったりして隠れてしまいます。なので、実際に探すとなると夜は17~22時、朝だと4~7時といったところでしょう。暗くなったら、子供だけではなく必ず親と一緒に探す様にしてくださいね。

 

最大のポイントは樹液まわり

山や森に取りに行く場合、クヌギやコナラなどの樹液の出る木に集まってきます。樹液を見つけたら、その周辺はカブトムシの最大の採集ポイント。樹液が染み出ている部分はもちろんのこと、そのまわりをじっくりと探してみること。そのときに見つからなくても、数分後にカブトムシが樹液に集まってきたということも多々あります。「こりゃ、良いポイントだ!」と思ったら、一度だけでなく、何度かチェックするといいでしょう。

 

表現ワークショップを多くの子どもたちへ

すもも木幼稚園が昨年度から行っている「表現ワークショップ」がこの度、全国の子どもたちに向けて取り組みをスタートしました!

名前も新たに「ファンプレッション」と変更し多くの子どもたちに表現することの楽しさを感じて欲しいと取り組んでいます。すもも木幼稚園の子どもたちが活き活きと楽しく行っている様子を撮影したホームページも公開されています。

年長組さん行っている「ファンプレッション」は、講師の先生にお越しいただき「あそぶ」「楽しむ」「友達」をキーワードに、とにかく自由に好きに楽しむ中から子どもたち様々な自由で楽しい発想、創造を引き出し、また、たくさんのコミュニケーションから相手を意識し、それぞれの表現で相手に伝えることなどをその回ごとに目的を決めて行っています。

ファンプレッションでは、演劇や舞台を学び活動されている講師の方にお越しいただき、演劇のメソッドを使い表現のプロである俳優の演劇講師が、演劇メソッドを通じて「表現させる」から「表現する」へ表現の楽しさを伝え、表現することを重ねることで、子どもたちの豊かな「想像力」を「創造力」に結びつけていくことと、これから世界で活躍する子どもたちに必要不可欠なコミュニケーション能力(伝える力)(受け入れる力)(発想する力)を育む活動です。現在、月1回のペースで行っています。

 

表現というと演劇や舞台などが浮かびますが、自分の意見を相手に伝える、気持ちを伝える。ということも表現だと思います。中には、勇気がなくて発言できない子、引っ込み思案な子などいますが、この活動を通じ、表現することの楽しさや伝える楽しさ、受け取る楽しさ、間違っても大丈夫という経験をして発言する勇気を感じ、コミュニケーションの楽しさを感じて欲しいと思います。子どもたちが活躍する未来は、今以上にコミュニケーション能力が必要になります。しっかりと自分の気持ちを伝えられる。又、しっかりとした自分の意思がある大人に成長してほしいと思います。

 

ファンプレッション プログラム例

 

実施日:201 9 年 6 月 21 日( 金 )

テーマ:「身体 を つかって 表現 !表現を楽しむ!」

 

【 get in sync 息を合わせて ~】 8 m

歩きながら、目があった人と コミュニケーションを取り、相手と一緒に身体を動かす。「目があった人とこんにちは 」 「 目があった人と、ハイタッチ、よー!と言いながら 」 「 目があった人と、息を合わせてジャ

ンプ ※声出さない 」 「 目があった人と、息を合わせてジャンプして、飛びながらハイタッチ 」(「じゃんけんほい、あっちいってほい(あっちいけではない)」)

  • ねらい・やしなう力:

ウォーミングアップと コミュニケーション 。相手を意識し、相手と協力することを経験 想像力、観察力、 表現力、 伝える力、受けとる力、 楽しむ力

 

【手をたたいたら手をたたこう 】 5m

トレーナーが手をたたいたらみんなも手をたたき、手をたたかないときはみんなも手をたたかない。子ども たち が トレーナーが 手をたた いてない時に 手をたた いてしまわないよう、最終的に全員が集中して、一つになるまで続ける。これは今回だけでなく、今後、集中力が切れてきた時に子 ども たちに適宜使う目的もあります。

  • ねらい・やしなう力:

集中する 聞く力 、 見る力 、 集中力 、 予想する力

 

【全身じゃんけん】10m

全身を使って「グー・チョキ・パー」それぞれの形をつくり、じゃんけんをする(グーは小さく丸くなる、パーは立って手を広げて大きくなる、チョキは手と足をクロスさせるなど)。 形は子どもたち から アイデア がでればそれをつかう 。トレーナー対子どもたち、グループに分かれて、トレーナーや先生対子どもたち 、 1 対 1 で など。

  • ねらい・やしなう力:

身体を使って表現することを体感し、コミュニケーションをとる 観察力 、 表現力、 考える力、 伝える力、受けとる力、 楽しむ力

 

【トンネル 】 10m

想像して、身体でトンネル を つくる 。 1 つ目、 2 つ目、 3 つ目 。 1 人でも、 2 人でもいい 。目があった人とじゃんけん。勝った人がトンネルをつくり、負けた人がトンネルをくぐる。その後交代して、反対もやる。

何回かやり、トンネルやるのが好きだった人とくぐるのが好きだった人にわける。そして、 全員でやってみる。

  • ねらい・やしなう力:

相手と協力し表現することを経験 想像力、創造力、 表現力、 伝える力、受けとる力、 楽しむ力

 

講師の先生方から一言

こんにちは! 林洋平と申します。

私は普段「演劇」に関わっています。俳優たちは、表現豊かで、コミュニケーション力が高いです。それはその人の素質だけではなく、演劇ならではのトレーニングによるものです。そういった演劇の視点も取り入れ、子供たちの豊かな発想をより豊かに表現できるよう、取り組んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

はじめまして、下島敦と申します。

「表現」とは考えたこと、感じたことを自分から外に向かってかたちに表すこと。この活動の目的は、お子さんが本来持っているそんな力を引き出すことです。もちろん無理強いはしません。気分が乗らない日は「見る人」でもいいと考えています。私たちは、お子さんが楽しみながら表現する力を育んでほしいと願い、日々取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

ファンプレッションホームページ

https://asoblock.net/funpression/

 

お砂場大好きな子どもたち。日差しが強い日も元気いっぱい砂遊び、水遊びが楽しめるよう砂場にターフを取り付けました。

 

 

避難訓練を行いました。

5月28日(火)に今年度初めての避難訓練を行いました。年少組さんにとっては、初めての避難訓練ですので、先ずは先生から避難訓練のお話を聞き、緊急地震速報を流し緊急地震速報の音声を認識してから机の下に身を隠すなどの実際の身を守る方法、避難の仕方を学びました。

又、6月19日(水)には。年長組、年中組さんがプール教室にてプール入水時に地震が発生した場合を想定し避難訓練を行いました。先ず、プール入水時にも地震が起こる場合もあることを子どもたちにお話し、その場合の身を守る方法や揺れがおさまってからの避難の仕方のお話をしました。

その後、自由遊びの時間に抜き打ちで地震が発生したことを子どもたちに伝え、子どもたちが素早く身を守る体勢がとれるかどうか練習をしました。

 

 

スクールバスバス停でのお願い

保護者の皆様には、日頃からスクールバスの運行にご理解とご協力をいただきありがとうございます。バス停でのお約束について再度、確認をお願い致します。

・お子様とは手を繋ぎ、きちんと並んで待たせて下さい。歩道で待つ場合は、歩行者の邪魔にならないようご注意ください。

・大きな声で話をしてご近所に迷惑をおかけしないようご注意ください。

・降車した後も、バスが発車するまでお子様と手を繋いで待っていて下さい。

・弟妹も保護者の方と手を繋ぎ安全をはかってください。

バス停での安全につきましても日頃からご協力いただきありがとうございます。只今、幼稚園では、再度、バス停の安全を確認する作業をおこなっております。(商業施設の出入口、ガードレールの無い歩道等)危険と思われる個所については移動をお願いする場合もございますのでご協力の程、宜しくお願い致します。

 

プールについてのお願い

子どもたちが楽しみにしていたプール教室が始まりました。プールに入る際のお子様の体調についてお願い致します。

 

〇おなかの調子が悪い、下痢をしているような時にはプールは見学をするようお願い致します。

pagetop